フィリピンの郵便事情

どうも、AKです。
YHがフィリピンに滞在中、お互いに手紙を送りました。

フィリピンの郵便制度は日本と随分異なっていたようで、せっかくの機会なのでそれについて簡単にレポートさせて頂きます!

 

まず、フィリピンには郵便ポストがありません!

つまり、何かを送る時は必ず「PHLPOST」と呼ばれる郵便局へ行かなければなりません!

ちなみに、手紙や荷物を受け取る時も同様に、PHLPOSTからの連絡を受けて、自らが赴く必要があります。

こう考えると日本はめちゃくちゃ便利です。が、一方で働く人の事を考えると、日本はめちゃくちゃ大変。。

 

これが、PHLPOSTです。

これがPHLPOSTの内部。

この窓口で郵便物の重さを計ってもらい、それに応じた金額を支払って、そのあとはここに投函します。

 

ちなみに、以下が窓口担当者とYHとの会話だそうです。


YH:これを日本に送りたい。

担当者:はい、800ペソ(1,800円くらい)。

YH:何でそんなに高いんだ?(この時のYHの所持金、630ペソ。笑)

担当者:1ヶ月かかってもいいなら、安くなるけど?

YH:いくら?

担当者:80ペソ(180円くらい)。

YH:何でそんなに違うんだ?

担当者:EMS(800ペソのやつ)なら1週間AirMail(80ペソ)なら1ヶ月かかるんだ。

YH:ほな、80ペソにする。それと、封筒を持ってないから、1つ欲しい。

担当者:道の向かいのショッピングモールに売ってあるから、買ってきて。


 

そんなこんなで手紙を日本に送ったYH。1ヶ月後につくと思いきや。。1週間で着きました。笑

・6/20 フィリピンにて投函

・6/27 日本に到着

 

ちなみに、私が送った手紙も、意外に早く着きました。

・6/19 日本からフィリピンへ

・6/30 フィリピンに到着

今回はかなりスムーズだったのかも知れませんが、ご参考までに。

なお、YHから受け取った郵便物の中身は手紙でもはがきでもなく保険を請求するための治療診断書&領収書でした。私は父の日(投函時点ですでに過ぎてましたが…)用の子供たちからのうちわ手紙を送りました!

お読みいただき、ありがとうございました!



コメント