Day34-41 Hawkesbury Australia vol.1

どうも、Yutaです。

新たなホストの元に到着した私たち。

さて、今回はどんな出会いがあったのでしょうか!!

 

移動

移動手段は、いつもの通り長距離バス。

 

NewcastleからSydneyまで、約2時間半。

到着したのはPM11:30。

今まで田舎ばかり行っていたので、あまりの都会ぶりに驚愕。笑

とりあえずバックパッカーズホテルに行き、就寝。

翌朝、早速電車でHawkesburyへ移動。

YutaもAkaneも初Sydneyなのに、まさかのSydney観光せず!!

時間がなかった私たちは、こんな感じでSydneyの街を30分だけ徘徊したのでした。笑

Akane本人の希望により、普段Yutaが持っている荷物を持っています。誤解のなきよう。笑

 

ホストの家に到着

今回お世話になるホストのEric Brocken氏。

聞けば専門は園芸学。30年ほど前にパーマカルチャーの資格を取得され、実際に教鞭も取られたことがある方!

お話をしていても、大変分かりやすく説明してくださりますし、質問にも的確に答えてくださります!

現在は、「Hawkesbury EarthCare Centre」というNPO法人を運営されています。

 

Hawkesbury EarthCare Centre

このセンターは、Missonとして世界中の人が「今すぐ」持続可能な生活をする必要があるという認識を高めることを掲げられています。

そのために必要な情報やスキルを身につける機会を提供することが、このセンターの役割だとの事でした。

うむ、素晴らしい。

 

建物

その言葉通り、例えば建物の壁は近所の川から取ってきた粘土、灰、コンクリート(10%程)が材料。

それでMud brick(泥のレンガ)を作って積み上げたり、Rammed Earth(版築:板と板の間に材料を入れ、上から叩いて押し固める方法)にしたり。

これがMud brick工法。

これは、Rammed earth工法で作られた壁の写真。Mud brick工法よりも表面がツルツル。

分かりにくいかもしれませんが、Rammed Earth Wallを作っている時の写真。

 

他にも、家の木材はその地域で切り倒したものを利用。

電力はソーラー発電、水は雨水を使用、トイレはコンポストだったり。

 

ガーデン

ガーデンは、こんな感じ。

 

Worm Farm

Worm Farm(ミミズコンポスト)もあります。

Worm Farmで育ったミミズは、畑には入れないとのお話を聞きました。

食べ物が少ない畑で育ったミミズと異なり、食べ物が豊富なコンポストで育ったミミズは贅沢で、畑の環境に馴染めないとの事でした。

生活習慣、恐るべし。

Worm Farmに入れていいやつと、あかんやつ。

 

Harvest Farms

さらに、息子さんの Aaron Brocken氏(196cmのnice guy!)も同じく農の道を歩まれています。

現在、「Harvest Farms」を立ち上げ、運営中。

リンゴを始めとした果物や、各種野菜を栽培されています。

 

日本では割と一般的な、農家との年間契約による野菜発送サービスが、今オーストラリアでじわじわと広まり始めています。

オーストラリアでは、「TEIKEI(多分、提携。笑)」という名前で日本の上記モデルが紹介されているようです。

オーストラリア版TEIKEIは、CSA(Community Supported Agriculture )と呼ばれており、Aaron氏もこれを実施されています。

他にも、色んな構想を持たれており、これからが楽しみなFarmです!

周囲には国立公園もあり、空気が綺麗で最高の環境です。

この崖から見下ろす山々は絶景!!

彼はそんな農園の敷地内の、ティピに住んでいます!

意外にも、中は広々!

 

ワイルドな彼は、世界各国を渡り歩いたり、セーリングで海峡を渡ったりした事もある超行動派。

私と同年代ですが、尊敬することばかり。

 

良き親子関係とは

このEricとAaron、親子であり良き相談相手であり、良きライバルのような関係。

見ていて微笑ましいです。

 

ある夜、Ericに「なぜAaronが情勢の悪い国やセーリングに行くのを許したのか?」と聞いた事がありました。

Ericの答えはこうでした。

 

「私の好きな歌手が言っていたことだが、親の役目は子供が頼ってきた時に手を差し伸べてあげる事だと思うんだ。もちろん心配もあるが、彼が自分で決めた事だ。極論、死んだってそれは彼の人生なんだ。私もそうして生きてきたんだ。」

 

めちゃめちゃカッコイイ!最高にクールな親子でした!

 

本日もお読みいただき、ありがとうございました!!

コメント