むかし暮らし@高知

こんにちは。Akaneです。

先日、家族で高知へ行ってきました。

旅の目的は土地探し&有機農家さん訪問。

土地の話はまた別途投稿するとして、今回は高知の山奥にある『むかし暮しの宿 笹のいえのご紹介〜!

 

場所

高速道路で行く場合、最寄りの大豊ICから西へ40分ほど走ったところにあります。

家の周囲は山に囲まれ、自分達以外に人の声は聞こえない。

前には半端ではない透明度を誇る平石川が流れている素晴らしい環境。

 
むかし暮らしの宿 笹のいえ

 

どんな宿?

高知の嶺北に行くなら、いやあえて行く価値のある場所です。

むかしの暮らし体験ができる宿。私たちは今回で2回目の利用です。

とにかく何もかもが自然に優しい

石鹸は一切使わず、自然に戻るものは全てコンポストへ。

もちろん排泄物も。

トイレ、お風呂は手作り。

 

水道なし(代わりに沢の水)、ガスなし(代わりに薪の火)

ここ、嶺北地域の水は本当に綺麗。尋常じゃない透明度。

1回目は夏に訪れたのですが、自然の流れるプライベートプール(川)は贅沢な遊び場。

子供達は大はしゃぎでした。

そしてご飯は基本ベジタリアン。

宿の女将のシネマさん(中島 子嶺麻)はマクロビ料理の料理家

シネマさんの作る料理は本当に美味しい。

野菜だけなのに旦那も子供たちも大満足!!

ちなみにシネマさんはマクロビ料理のレシピ本を出されています。おやつの本はこんなにもかわいい!



そして驚く事に宿代は決まっていません!

ドネーション方式で、帰りに財布を渡されるのでそれにお金を入れる。

ついつい、「一般の宿ならこれくらいだから・・・」とか考えちゃいますが、相対的考えではなく、絶対的な感謝の気持ちをお金に換える事で、気持ち良いトレードが出来るのかなぁと思います。(^^)

2019/5より、料金体系が変わりました。

下記がご案内です。

【笹のいえに宿泊をお考えの皆さまへ 大切なお知らせ】
 
宿立ち上げ当初から宿泊費はドネーション(お心付け)としていましたが、今後のご予約から宿泊料金を設定することにいたしました。この変更に伴い、以前お伝えした「ご予約は二名様から」を無効とし、一名様よりご利用可能といたします。その他宿詳細は、ページ情報をご覧ください。
 
ただし、このお知らせ以前にご予約いただいている方は、ご案内通りドネーションでお願いします。一泊二食付き
大人 8,000円
子ども(小中学生または布団が必要な未就学児) 5,000円
未就学児(布団無し) 無料また新しい試みとして、宿泊料金の全額または一部を物々交換もすることも可能としました。ご予約時にその旨お伝えいただき、お互いに納得できる条件となりましたら、現地で交換しましょう。例えば、ご自身が生産作成しているものとの交換や歌が得意な方は歌と、大工仕事ができる方は作業との交換など。

この宿を運営していくにあたり、僕たちが一番大切にしているのは、ご利用いただく皆さまと受け入れる僕たちが、有意義な時間を過ごし、楽しく幸せでいられること。

これまで、宿泊料金はチェックアウト時にお客さまが決める「ドネーション方式」としていました。この宿での体験がいくらになるのか、またお金の価値は人によって異なるのではないかという考えからのスタートでした。その一方で「料金が決まっていた方が利用しやすい」という声も聞こえ、価値を交換するのにいろんな選択肢があって良いのではというのが五年間の受け入れで感じていたことでした。

これは僕たちのチャレンジです。環境や時代、子どもたちの成長に合わせて暮らしが変わるように、これからも変更があるかもしれません。
皆さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、「ここでの滞在が、双方にとってプラスであること」を実践していくため、これからも笹のいえをどうぞよろしくお願いいたします。

むかし暮らしの宿 笹のいえ
宿主 渡貫洋介

 

夫婦+子供三人(2018年から子供四人)で経営しており、宿というより友達の家に泊まらせていただいている感じで、田舎暮らしをリアルに体験する事が出来ます!!

私たちもこんな生活がしたいな〜!!♪

コメント