フィリピンの病院事情

どうも、YHです。

以前にもマンゴーアレルギーの件で少し病院に触れました。私はすでにタイにいますが、今回もフィリピンの病院事情についてレポートさせて頂きます。

と言いますのも、マンゴーアレルギーに続き、またも病院に行く機会を得たのです。笑

理由は、猫に引っ掻かれたから。。。

なぜ引っ掻かれたかというと、木に登っていた子猫を見て、友人が「降りたそうだ!」と言い始め、子猫を掴みました。が、子猫は抵抗して木にしがみ付いています

そこで友人が、YUTAは自分より背が高いから、子猫を助けてやってくれ、と。

別に猫は嫌いではないですが、病気をもらったら怖いのでフィリピンでは猫に触っていませんでした。

しかし、そんなことを言ったら「心の冷たい奴だ。」とか思われるんじゃないかとか、瞬時に思いをめぐらせ、トライすることにしました。笑

案の定、猫はめちゃめちゃ抵抗しました。爪を思いっきり立てて。。。

で、木から引き剥がしたところ、猫は足をバタつかせ、それが私の左腕をかすったのです。笑

めちゃくちゃ浅い傷なので、まぁいいかな〜と思いましたが、元来臆病な私。狂犬病を危惧して、病院に行くことにしました。

 

前回も行っているので、もう慣れたものです。

同じ病院に単独で行き、猫に引っ掻かれた旨を説明をしました。

すると、熱はあるか?頭痛はあるか?傷は痛むか?などなど聞かれ、下記の注射を勧められました。

・破傷風(Tetanus)

・狂犬病(rabies)

 

こんなこともあろうかと、出国前に破傷風に関しては予防摂取をしていました。

費用は3,850円でした。


【破傷風に関する豆知識】

・発症すると致死率が高い。(口が開き難い、顎が疲れるなどの症状が出る。)

・予防接種後、10年程度で免疫が無くなるらしい。(日本では11〜12歳の時に予防接種を受けるので、20歳以上は免疫が無くなっている可能性あり。)

・破傷風の菌は世界中の土壌に存在するが、日本においては毎年100例ほど認められているようです。(厚生労働省のサイトによる

・世界中の土壌に生息する菌であるため、土を触る機会が多い方は摂取が推奨されている。


ということで、破傷風に関してはすでに日本で予防接種を受けていることを伝えました。

いつ何回受けたのかを聞かれ、今年の4月に1回受けた事を伝えると、「足りない」と。

日本の先生は1回で十分って言ってたんですが、諸説ある感じなんですかね?

とりあえず、不十分で破傷風になるよりはマシかと思い、先生の指示に従うことに。

 

次に、狂犬病です。日を分けて3回(1回あたり2発)の注射が必要で、しかも1発が5000ペソ(11,200円位)との事!!

先生からは、City Hospitalという市民病院に行けば安価で注射をしてもらえるとの事で、そちらを勧められました。

 

結論としては、破傷風はこの民間病院でやってもらい、狂犬病は後日City Hospitalへ行ってみる事に。

 

フィリピンでは、薬だけでなく注射も、処方箋を見せて自分で薬局に買いに行く必要があります。

1349.46ペソ(3,020円位)でした。

これを持って再度診察室に戻り、ナースに注射をしていただきます。両肩にそれぞれ1発ずつ。

とりあえず、これで不安要素の一つは無くなりました。

 

次は狂犬病です。

初めて行くCity Health。授業中にたまたまこの事を話したところ、優しい先生が、「着いて行ってあげようか?」と。

申し訳ないなぁと思いつつも、お言葉に甘えてしまいました。

そして、次の日、初City Health。

こんなところでした。病院というよりはクリニック。

中も外も人でごった返しており、一人では気が引けるような場所でしたが、先生の先導により無事に注射をしてもらえました。

そして1つ、忠告が。

引っ掻いた猫を良く観察しておきなさい。もし14日間猫が生きていたら、その猫は狂犬病のウィルスを持っていない。との事。

そこから毎日、猫を観察し、無事に14日間を生き抜いてくれたのがこの白い子猫。

引っ掻かれたのに、なぜか愛着が湧きました。笑

無事に3回の注射を終え、肩はアザだらけに。

 

ちなみにこのCity Health、料金はなんと無料!!外国人の私にまで無料で治療をしてくれるなんて、恐縮してしまいます。

City Healthは狂犬病の撲滅に力を入れているそうで、各集落を回っては無料でペットに狂犬病の予防接種をしているそうです。

とは言え、道端には野良犬がたくさんおり、予防接種はまだ行き渡っていないのが現状です。

 

皆さんも、もしフィリピンに行かれる際は予防接種をご検討くださいませ。

 

お読みいただき、ありがとうございました!



コメント