Day80-87 Southland travel in NZ vol.1

大盛況!!(校庭)

どうも、Yutaです。

Atamai Villageでの滞在を終え、新たな旅に出ます。

今回はロングトリップ!

早速レポート致します!

 

旅のルート

レンタカーにて、このルートで8日間の観光です!

今このブログを書いていて初めて気が付きましたが、2,524kmも走っていたとは。。
(青森から山口までで1,500kmくらいあるみたいです。)

良かったところや、面白かったことなどをご紹介致します!

 

Atamai Villageの近くのスクールフェスティバル

出発して15分程したところで開催されていたフェスティバル。

小さな村なのに、すごい渋滞。

この地域で最も成功している祭りの1つとの事だったのですが、それは本当でした!凄い盛況ぶり!

学校の駐車場。

校舎!

大盛況!!(校庭)

 

早速車を停め、祭りに参戦!!

しかし!!!!ここで1つトラブルが。。

私達には現金が殆ど無い事に気が付いたのです。。

オーストラリアもニュージーランドも、クレジットカード払いがめちゃくちゃ浸透しており、普段生活する上ではカードがあれば困る事はほぼありません。

ただ、今回のような祭りの出店等では、さすがに対応していない店も多く、現金は必須です。

残念ですが、雰囲気だけは味わおうと思って見物をしていると、一筋の光が!!

なんと、CASHコーナーがあったのです!

早速そこに並び順番を待っていると、、、「ニュージーランドのBank Cardのみ使用可能」との文字が。。

クレジットカードしかない私達には使えない!??

とりあえず順番を待ち、スタッフの人に聞いてみると、やはりダメ。。

 

諦めて帰ろうとしたその時でした。

一連の会話を聞いていた前の人が、「これあげるよ!」と、40$(3,200円位)を私達に差し出したのです!!

一瞬耳を疑いましたが、やはり本当。

お断りしても、「これは子供達にあげるお金だ。気にするな!楽しんで!」と。

もう、感激で、ちょっと泣きそうになりました。

 

この時頭に浮かんだ言葉が、『Pay forward.』。

受けた恩(バトン)は、また次の人に必ず渡すと、心に誓ったのでした。

 

その後は、祭りを堪能させて頂きました。

ゴーカートに乗ったり、

こんなやつで遊んだり、

動物を触ったり。

他にも、薪割り競争とか、ギャンブル(子牛がどこに糞をするかを予想して、当たれば賞金ゲット)など、面白い企画盛りだくさん!

正方形の敷地の中に、碁盤の目状に線が引かれています。(写真では線が見えませんが。)

 

救世主のお陰で、かなり楽しむ事が出来ました!

ありがたやありがたや。

 

以上、今回はここまで!

お読み頂き、ありがとうございました!!




コメント