Day33 Purple Pear Farm

どうも、Yuta・Akaneです。

Newcastle の観光を終え、向かったのはPurple Pear Farm

こは、前にホストから教えて頂いた農園。

ちょうどこの日、子供対象のイベント(大人$25)をやっていた事もあり、足を伸ばしてみる事に。

 

Purple Pear Farm

レンタカーで農園へ。

ここは、1998年に始まった農園で、パーマカルチャーバイオダイナミック農法を取り入れて農業をされています。

 

パーマカルチャーとは、以前にもこのブログでご紹介させて頂きましたが、自然と共存して生きていくための考え方や手法に関するものです。

 

バイオダイナミック農法

この旅に出るまで、私は聞いたことがありませんでした。

が、タイでもオーストラリアでも、私が訪れた農園(オーガニック系)ではしばしば話題に上がります。

話を聞いたり調べたりすると、こんな感じ。

 

・ドイツが発祥。(ルドルフ・シュタイナー氏が提唱)

・全ての生命は、地球上だけではなく、宇宙からも影響を受けているという考え。

・月の満ち欠けをもとにして、種まきの時期などが決められている。

・農薬や化学肥料は一切使わない。

・雌牛の角に新鮮な牛糞を詰め、冬の間土に埋め、春に掘り起こして定量の水に入れ、右に20回左に20回交互に1時間強く攪拌し、その液体を肥料として使う。(牛の角にはパワーが秘められているとか、攪拌することで大地のパワーを肥料に閉じ込めるとか、科学的ではないであろう手法が取り入れられています。)

 

まだ勉強不足なので私は何とも言えませんが、結構複雑そうです。

 

農園のご紹介

少し話が逸れました。

Perple Pear Farmの写真を数枚ご紹介させて頂きます。

これが、パーマカルチャーでいうところの「曼荼羅ガーデン」。

円形の畑がポツポツと配置されています。

真ん中の半円形のものは、移動させる事が出来る鶏の家です。(下の写真をご参照ください。)

この中で鶏は、地面を爪で引っ掻いて耕したり、草の種を食べてくれたり、糞をして土に栄養を与えたりしてくれるのです!

これが、円形の畑のクローズアップ。

基本的に、円の中心に近い部分には、根菜類などの1度しか収穫が出来ない野菜、外側には葉物などの何度も収穫できる野菜を植えているとのことでした。(円の中心部にアクセスする時は土を踏まないといけませんし、何より面倒ですからね。納得!)

ちなみに、ある畑で収穫が全部終わったら、次はその畑に鶏の家を移動させ、鶏に土を改善してもらいます。

この、定期的に鶏の家を移動させるという行為。非常に有意義!!

わざわざ人が作業をしなくても鶏が土を作ってくれるだけでなく、鶏の病気(鳥インフルエンザなど)も防ぐ事が出来るそうです。

狭い場所で多数の鶏をずーっと飼育していると、どうしても糞などが堆積して不衛生になり、鶏自身の体温によって高温状態が保たれるため菌やウィルスが活発になってしまうそうです。

 

いやはや、大変参考になりました。

しかしながら、敢えてガーデンを円形にする理由が、まだ自分の中で整理できていません。

オーナーの方に質問もして、幾つかのメリットは分かりましたが、通路にデッドスペースができてしまうというデメリットがあるように思うのです。

これに関しては、自分なりの答えが出たらこのブログでアップさせて頂きます。(もしご存知の方がいらっしゃれば、ご連絡頂けると嬉しいです!)

 

ちなみに、イベントは以下のような内容でした。

 

・アヒルへの餌やり、豚の餌やり見学、ヤギの乳搾り見学

 

・休憩タイム(お茶やお菓子が準備されています。)

 

・ガーデンの見学、鶏小屋での卵とり、ポニーとのふれあい、モルモットとのふれあい

子供達はもちろん大はしゃぎでした!

 

この農園、最近は子供向けのイベントやファームツアーの開催(学校からも問い合わせがくるそうです)で忙しくなり、以前ほどは野菜の栽培ができていないとのことでした。ただ、野菜ボックスの販売はしており、契約している地域住民やレストラン向けに週1で野菜を供給しています。

野菜の販売だけが農家ではない、という良い事例だと思います。

私も、農的な生活を通して世の中を平和で面白く出来るような’’何か”を見つけ、チャレンジしていきたいと思います!!

今回もお読みいただき、ありがとうございます!

コメント