夢に挑戦する事に決めました!

どうも、Yutaです!

以前から悩んでいた、自分のこれからの事。

遂に結論を出しました!!

 

2017/4/28(金)を最終出社として、勤めていた会社を退職する事に致しました!!

今回は、その決断に至ったプロセスを綴ってみたいと思います。

決断に至った3つの決め手

仕事を辞めるとなると、

親族に不安な思いをさせてしまうだろう。。。

周囲の目が。。。

世間に溢れるネガティブな情報。。。

 

色んな事が頭の中を巡りましたが、最後はこの3つが決め手となり、決心しました!

自分の人生の主役は、自分だ!

挑戦しなければ、何も始まらない!

本気でやれば、不可能はない!

 

決断までの心境の変化

今まで9年間、医療機器(検査系)の営業担当として勤めさせて頂きました。

9年間の社会人生活は、本当に色んな事がありました。

 

入社時のどん底

せっかく仕事をするのなら、社会の役に立つことがしたい!

祖父や父親がヘビースモーカーで、それが原因か分かりませんがよく咳払いをしてしんどそうにしている光景を見て、「医療を通して社会の役に立ちたい」という思いを抱き、この会社に就職し、営業部門に配属となりました。

 

営業なのに最初の1年半は自分の力で何一つ売ることもできませんでした。

会議の議事録さえも、まともに書けませんでした。

 

苦しくて苦しくて、入社早々から何度も何度もリタイヤが頭をよぎりました。

当時の上司から「たった1年半で優秀かそうではないかなど、判断できるはずがない。」と言ってもらったり、母からも「若いうちの努力は買ってでもしろ、というのはほんまやで。努力は絶対裏切らへんから。」と励まされたり。

 

実り始めた努力

そんな事もあって、腐らずに頑張ったところ、徐々にではありますがお客様からも感謝してもらえるようになり、それに伴って売上も増えてきました。

 

お客様に喜んでもらえることが嬉しくて、そしてそれが社会の役に立つ事だと信じ、自分が苦労しようともお客様のためなら頑張れました。

気が付けば、毎日毎日電話やメールの嵐。もちろんお客様が待つ病院への訪問もしないといけない。(どうしても都合が付かず、全てのお客様に満足して頂くことは出来ませんでしたが。。)

夜間も休日も常に頭の中は仕事のことでいっぱい。お客様のことでいっぱい。

 

幼い我が子と遊ぶ貴重な時間にも、ふと気が付けば頭は仕事モード。。

これはもう、僕の性格なんですよね。

仕事とかプライベートとか、上手く切り分けられないタイプ。

 

まぁ大変な日々でした。仕事でイライラする事も多々ありました。

しかし、実績も上げられるようになり、お客様にも喜んでもらえるようになり、仕事に対してはむしろポジティブに考えていて、自分なりにエネルギッシュに活動していました。

 

訪れた、決断の刻

そして入社して8年目。

ある大きな案件のご提案をさせて頂く事になりました。

最初は思うように進められませんでしたが、社内の多くの方が協力をしてくれ、粘りに粘って一丸となってご提案を続けたところ、我々の活動を認めてくださり、受注をする事が出来ました。

 

そして受注のお礼でお客様の元を訪れた時、感謝の気持ちで自然と涙が溢れました。それと同時に、「人間って、本気で頑張れば何でも出来るんじゃないか?」という思いが込み上げてきたんです。

本当に、ふっと。それこそ、神様が後ろから囁いたかのように。。

 

そしてこの瞬間、私は退職し、妻と夢見た「自給自足生活」に挑戦する事を決心したのです。

 

決断後の心境

少なくとも今、私はとても幸せです。

退職までの9年間、いや、本日に至るまでの31年間、色んな方と出会い、色んな事を感じ、そして今の私があると思っています。

このご縁に、心から感謝をしています。本当にありがとうございます。

 

これが私の運命だと信じ、自分らしく生きるため、悔いのない人生にするため、頑張っていきたいと思います!!

 

これから何をするか、それはまた次回の記事で投稿させてもらいます。

読んでいただき、ありがとうございました!

人生観
スポンサーリンク
Follow Amby Life
Amby Life -塩梅ライフ-

コメント

  1. 木村 正幸 より:

    YHさん素晴らしい決断です。
    応援しますよ!
    病院ではいろいろ
    お世話になりました。
    頑張って下さい。

  2. 木村 正幸 より:

    YHさん素晴らしい決断です。
    応援します。病院ではお世話になりました。頑張って下さい。

    • YH より:

      ご無沙汰です。メッセージありがとうございます!!すごく嬉しいです!!
      最後、ご挨拶に伺えずに申し訳ございませんでした。
      頑張ります!!