Day44-49 Melbourne to Hobart

キャンプサイトには、餌付けされて人懐っこくなったワラビーがいます。

どうも、AKです。

SydneyからDevonportへ大移動中。

前回は、SydneyからMelbourneまでのご報告でした。

今回は、Melbourne→Hobart(タスマニア)です。

 

Melbourneでキャンピングカーを返却した私たちは、返却したレンタカー屋で続け様にキャンピングカーをレンタル。(前回同様、imoovaを使って、格安で借りました。)

前回同様、車種は完全に同じで、今度は30kmしか走っていない完全なる新車。逆に奇跡!笑

 

MelbourneからTasmaniaへは、フェリーで移動。

imoovaで、1日5$でフェリー代(ドライバーのみ)までコミコミという格安プランを予約出来たため、コストには非常に満足。

ただ、フェリーに関してはすでに日時まで予約されているので、それを変更することはできません。

これが後々問題に!

前述の通り、予約されているのは運転手と車のみ。

その他の同乗者は別途個人で予約する必要があります。

予約はオンラインで簡単にすることができるので、早速予約することに。

 

検索してみると、空きがない。。

 

電話で問い合わせてみてもやはり無理とのこと

仕方なくYH以外はその日の朝便で出発することとなり、急遽別々での移動となりました。

搭乗締切時間ギリギリに着いたため、必死で走るAKら。笑

船内では子供の遊具があったり、フェイスペイントのサービスがあったり、映画が上映されていたりと、12時間の長旅ではありましたが、なかなか快適に過ごすことができました。

船内で仲良くしてもらったお姉ちゃんと。

ちなみにこのフェイスペイント、オーストラリアではかなり身近らしくて、個人の誕生日会に絵描きさんを呼んだりする事もあるそうです!

 

PM7:00頃に無事、Devonportに到着しました。

その日の宿はAirbnbで予約しており、そのホストの方がフェリーターミナルまで迎えに来てくれていました。

フェリーターミナルからとても近いお家だったのですが、荷物と子連れということで。

夜ごはんも一緒に買いに連れて行ってくれました!

 

ここで、夜ごはんを買いに行った時のエピソード。

 


ホストの方がKO(2歳の娘)を抱っこしてくれていたのですが、ホストの方が突然

すごい表情で私に詰め寄ってきました。

そして、「KOは英語がしゃべれるのか!?」と。笑

 

聞けば、KOがベーカリーのショーケースを前に、

“I haven’t had a dinner yet.”と言ったとのこと。

100%聞き間違いなのですが、ホストの方は何度も何度も、KOにDinnerを食べたかどうかを聞き続け、KOはそれを無視し続けていました。笑


 

そんなこんなで、夜便のフェリーに乗ったYHとも朝に無事合流。

本当は次のWWOOFのホストさんはこの近くなのですが、レンタカーを島の南端 Hobartまで持って行かないといけないため、観光も兼ねて南下します。

本土とはまた少し違った雰囲気で、気持ちいい!

何というか、とにかく自然が綺麗!!本土よりも雨が多いため、緑も多い印象です。

 

いつも通り、ちょこちょこと観光しました。

 

Bicheno Blowhole

Bichenoという小さな港町の観光スポット。ランチをしたレストランのオーナーさんが勝手に観光プランを立ててくれたため、立ち寄ったスポット。笑

こんな感じで、潮が吹き上がります。

岩には海藻がぎっしり!

 

Friendly Beaches

国立公園内のビーチ。キャンプサイトもあります。

ここ、超絶オススメです。

透明な水と真っ白な砂。一見の価値ありです!!

キャンプサイトには、餌付けされて人懐っこくなったワラビーがいます。

 

そんなこんなで、無事にHobertに到着し、キャンピングカーを返却。

次回は、Hobert→Devonportへの移動をレポートさせていただきます。

 

 

今回も、お読みいただきありがとうございました!


コメント