柚子で発泡酒を作る実験

どうも、Yutaです!

『はじまりの家』で大量に取れた柚子。(まだ取りきれていないのですが。。)

今回はその加工についての記事。

 

加工で最もオーソドックスであろうものが、ユノス(柚子果汁)。

そいつで、低濃度アルコールの発泡酒を作ろうという実験!

私はお酒が飲めないのだが、いやはや楽しみである。

柚子を搾る

搾り方

 まぁ説明するほどの事でもありませんが。笑

 

  1. 柚子を軽く洗う

  2. 柚子を半分に切る
  3. 皮の部分を下にして、手で握り潰して搾る

  4. 布や茶こしで濾す 

  5. 熱湯消毒した瓶に詰める 

ちなみに、手で搾ると結構大変。

そんな事を友人に話していたら、こんなものをくれました!!

柚子搾り専用器!!

わざわざ専用の器械は要らんやろ、とナメていましたが、めっちゃ楽でした!!笑

 

柚子1個あたりの果汁量は?

これ、気になっていたので検証してみました!!

 

結果は、、、

1個あたり15〜21.5g!!!

搾る強さによってかなり左右されました。

1個あたり21.5g 搾った時は、手でがっつりやりました。

まぁ、強く搾ると皮の渋みも出るので、味も変わったりします。

 

ちなみに、この黄色いコンテナ1個で200個くらい入ります。

という事は、コンテナ1個で3000ml〜4300mlくらいのユノスが作れる計算。

ユノスの保存方法・用途

こうやって完成したユノス。

自分の家で獲れて、自分で搾ったユノスは、めっちゃ愛着が湧きます。

保存方法

作り方にもある通り、100%柚子果汁なので、防腐剤的なものは何も入っていません。

加熱処理なんかもしていません。

 

しかし!!!聞いた感じでは冷蔵保存で1年保存できそう!!

市販のものでは、賞味期限が3ヶ月のものなどもありますが、まぁこの辺はおいおい検証してみたいと思います。

用途

まず思いつくのが、柚子ジュース!!

作ったユノスに蜂蜜を加え、水で薄める。

ミツバチを飼育すれば、柚子ジュースは自給自足できますね。笑

 

他にも、高知では醤油に混ぜて刺身を食べたりする人が多いんだとか。

旨そう。。

 

ドレッシングにも使える。

 

ビールとかお酒の風味付けに使っているという話も聞きました。

 

こんな感じで、高知に来るまで全く親しみのなかったユノスですが、これからは随分と身近な存在に。

 

柚子で発泡酒を作る実験

大量に作ったユノスを見て、私の好奇心がくすぐられた。笑

ユノスを使って、発泡酒を作ってみたい!!
(アルコール度数1%未満なら酒造法に抵触しないらしい。)

 

なぜこんな発想をしたかと言うと、オーストラリアに行った時に『アップルサイダー』という発泡酒と出会ったから。

その作り方が、「りんごジュースを密封放置する(酵母を加えたり、蜂蜜を加えたりする場合もある)」と言う奇跡的に簡単なもので、なおかつ微炭酸のアルコール飲料!

 

酒が飲めない私でも美味しくて、飲みやすいものでした。

ジュースが発泡酒になる理由

独自に調べたり、人に聞いたりした結果、めちゃくちゃ簡単に書くと、どうやらこう言う事っぽい。

 


  1. 果汁の中に酵母が混ざっている。
    (だいたいどの果物にも、外皮の部分に酵母が生息しているらしい。搾る時にその酵母が、果汁に混入するのだ。)
  2. 果汁に含まれている糖分(ブドウ糖)が、酵母のエサになる。

  3. 酵母がエサを食べる時、エサを二酸化炭素エタノールに分解(嫌気呼吸やアルコール発酵と呼ぶ)する。

 

この反応によって得た二酸化炭素は、容器の蓋を密閉しておくことで液体中に溶け込み、その液体は炭酸になる。

エタノールはもちろん、液体をお酒にしてくれる。

 

ちなみに、当たり前ですがエサ(糖分)が多ければ多いほど、二酸化炭素濃度もアルコール濃度も高くなります。

 

柚子サイダー 1号

早速仕込みました。

柚子はミカン等の柑橘系と比べて糖分が低いため、エサが少ないだろうと予想。

 

なので、ユノスに少しの蜂蜜を加えて、密封してみました。

(密封といっても、瓶が破裂したら怖いので、蓋は軽めに締めています)

 

さて、そのまま常温下で放置すること9日。

待ちきれずに試飲してみました!

 

まず、瓶の蓋を開けると、、、

プシュー!!!

おぉっ!!

 

コトッコトッコトッ。

おおぉ!!!

 

実際に飲んでみると、完全に炭酸になってました!

自然の力で炭酸が作れるなんて。。感動的な体験!!

 

ちなみに、アルコールの方も超うっすら入ってるっぽい。

めちゃくちゃお酒に弱い私にしか、アルコールが入っているかどうか分からないんじゃないかな?位の、低濃度。笑

 

まぁ、そこらへんは糖分の量を調節したら、欲しいアルコール濃度は狙えそう。

あとは、ユノスが普通に酸っぱいので、飲む時に何かで割るか、発酵させる前に水で割っておくか。とかかなぁ。

 

まだまだ実験は必要。

でも、楽しみがまた一つ増えました!!

 

 

では、今回はここまで。

ありがたい柚子の木。来年も元気に実ってほしいものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

コメント